製品導入例

トーシンのニーダーで作られるもの

さて今回は、トーシンのニーダーを導入していただいたお客様が、“ニーダーを使って何を作っているのか?”を書いてみたいと思います。

ニーダーで混練された材料は、中間体として加工され、最終的にお客様の製品(商品)になります。様々な材料を混練しているニーダーなので、その製品の分野も多種多様です。

それでは、ニーダーで作られている製品(商品)です。

・チューインガム
チューインガムのもとになるガムベースの製造段階やそのガムベースに味をつける工程で使用されています。

img_gam

 

 

 

 

 

 

・ごみを取る「コロコロ」表面の接着剤

・ガムテープの粘着剤
コロコロやガムテープの表面のベトベトした接着剤を、ニーダーで練っています。

・フェルール
光ファイバーのコネクターに使う部品です。光ファイバー同士の結合部分に使われています。光の減衰を起こさせないように、かなり精密に作られています。

・自動車のワイパーゴム
自動車部品のゴム製品の部分の混練によく使われています。

img_wyper

 

 

 

 

 

 

・ゴム磁石
磁石粉にゴム材料を混ぜて作ります。

・バスタブの材料
熱硬化性樹脂であるバスタブの材料も、ニーダーで混練されています。

・はり薬(シップ)の粘着剤
シップ剤の粘着部分もニーダーで混練されています。

img_sippu

 

 

 

 

 

 

・消しゴム

・墨汁
希釈する前段階の混練工程で使用されています。

img_bokuju

 

 

 

 

 

 

・ウッドプラスチック
木と樹脂を混ぜます

・歯磨き粉

img_wash

 

 

 

 

 

 

このように、ニーダーは、我々の生活の身近な製品に幅広く関係しています。材料を混ぜるという工程は、多くの製品加工工程で使われているのですね。今回は、ニーダーがどのような製品の製造工程で使われているかを書きました。→ニーダーに関してのお問合せは、株式会社トーシンまで

 

 

株式会社トーシン
〒661-0975  兵庫県尼崎市下坂部3丁目12番15号
TEL:06-6493-4911    FAX:06-6493-4914
Copyright(C) TOSHIN CO., LTD. All rights reserved.